家づくりの叡智- 家のデザイン・間取り

注文住宅でお庭もセットで考えるメリット

WRITER

川合晶子 / ガーデンデザイナー

注文住宅でお庭もセットで考えるメリット

注文住宅における庭づくりのメリットについて

家づくりは「ライフスタイルづくり」という捉え方をされるようになってきました。ただ単に家の中の間取りや仕様、スペックを選んで決めるのではなく、自分たちの理想の暮らしや夢を長期的な視点を持って、家づくりを進めていくような、自分たちだけの付加価値のある注文住宅や、テーマ性のある住宅提案が人気になってきています。

注文住宅のメリットは、自分たちのライフスタイルに合わせて、家の間取りを自由に決めることができることです。自分たちの仕事や生活導線、趣味や家族構成、将来の夢、理想の暮らしなどに合わせて、間取りや仕様を考えることができ、より自分たちに合った住まいの形や未来のライフスタイルをつくることができます。この時に、外部空間「庭」「エクステリア」との関係性を自由に設計することができるのも、注文住宅のメリットのひとつです。

 

メリット①
外部環境やお庭空間を取り入れた間取りや生活を考えられる

お庭と建物を切り離して考えるのではなく、家の中、もしくは外からの見え方や使い方を考えることで、ライフスタイルや間取り計画に幅が出てきます。例えばこんな間取りやライフスタイルづくりができます…

  • ダイニングやリビングが坪庭やインナーテラスでつながる間取りにして、プライベートガーデンをつくり、光彩を室内に取り入れることができる。
  • 緑を眺めながら入浴できるプライバシー性の高い浴室をつくることができる。
  • 緑を楽しむためのFIX窓を設けた玄関ホールをつくることができる。
  • お庭空間と室内土間空間のつながった半屋外リビングを作ることができる。
  • 借景や植栽計画を取り入れた開口位置の検討ができる。
  • ガーデニングや家庭菜園がしやすい水回り配置を計画できる。
  • 駐車計画やアプローチ計画を立てながら間取りを決めることで、より妥当性のある無駄のない上質な空間をつくることができる。

このようにお庭と建物を絡めた間取りやライフスタイルの形は無限大です。注文住宅にするなら、お庭も一緒に計画していくことで、より充実した空間と家づくりができます。ここで家だけの計画で終わってしまうと、注文住宅を選ぶ醍醐味の半分はなくなってしまいますので、ぜひお庭も一緒に計画していきましょう。

 

メリット②
家づくりの資金計画でお庭予算も早めに検討できる

お庭や外構は、100万円単位の投資になります。資金計画の中で外構予算が含まれていないことは少ないと思いますが、外構の打合せが進んでいない場合は、とりあえずの予算であることも多いです。内容によって数十万以上コストが変わりますので、先にプランを詰めておくことで、より高い精度の金額を資金計画や見積りに計上することができます。総合的に優先順位を決め、庭や外構計画にどれほどの予算とパフォーマンスを割いていくのかを複合的に判断していけます。

 

メリット③
建物デザインや間取り計画に合うお庭外構デザインにできる

大手ハウスメーカーや工務店では、一般的には造園業者やエクステリア会社がお庭や外構プランとお見積りを作ります。違う会社が作るプランですので、建物の設計意図を無視したプランになってしまったり、建物外観とは合わない、もしくは画一的で無難なデザインのプランになってしまったりすることもあります。そういった場合は、自身で他に自分の好きなデザインの会社を探す必要もあり、時間も労力もかかります。

注文住宅で建物とお庭外構計画も同じ会社にプランを提案してもらうことで、建物設計者の意図が汲まれたお庭のデザインにすることができ、外観も建物をより引き立たせた価値の上がる家づくりとすることができます。

家づくりと一緒にお庭づくりもセットで考えましょう。

 

withコロナ時代に突入し、お庭や外構(エクステリア)への興味関心が高まってきています。家での時間をお庭や緑を通じて、より豊かで濃い時間として充実させていくことで、私たちは本質的な幸せや自分の生き方を改めて考え直すきっかけとなっていけばと思います。ハウスデザインではなくライフスタイルデザインとして、よりよい家づくりを進めていってくださいね!

WRITER

川合晶子 / ガーデンデザイナー

家づくりの叡智- 家のデザイン・間取り

Fine Pick Up