家づくりの叡智- 家づくりの検討・比較

浜松で「平屋」の注文住宅を成功させる秘訣とは

浜松で「平屋」の注文住宅を成功させる秘訣とは

新築を計画される方の中で、特に平屋を希望される方が年々増加傾向にあります。
憧れの平屋で暮らしたい!そう検討される方には、その夢とともに建築できる条件やコスト面での疑問など解決すべき事も同時に発生します。浜松で平屋の施工実績No.1だからこその経験から、成功ポイントを端的に解説したいと思います。

 

「平屋」ニーズの広がりの背景

人生100年時代と言われる中で、長く住まう場である住宅では、老後は身体に負担のない生活を過ごしたいという高齢者の第二の家づくりというニーズだけでなく、昨今は30代のご夫婦でも自らの長期的なライフタイムを見据え、豊かな気持ちで長く暮らせる家をじっくりと検討し建築したいというニーズが増えています。

またStay Homeの時間を過ごされた経験から、家で過ごす時間をより人間らしく、自分の時間をより自由に楽しめる住宅でありたいと願い、また趣味などを家と庭を関係づけながら楽しむ場として、平屋に対する魅力が高まっています。土に近いところで自然を感じながらお庭で楽しむ暮らしが、日常の当たり前の時間として過ごせるのですから平屋の人気が高まるのも頷けます。

浜松周辺は建築基準法の規制により近隣に高層階の建造物が建てにくい場所が多いため、プライバシーを保ちやすく日当たりも確保しやすいなどのメリットがある、満足度の高い平屋住宅を建てることが可能な地域と言えるでしょう。

 

平屋を建て、暮らすメリット

浜松周辺はどのエリアであっても生活の不自由さを感じることが少なく、家づくりの際に建築地をゆったりと使えることも大きなメリットです

二階建てよりも敷地専有面積が大きくなる平屋住宅を建築する際には土地の大きさが一つのポイントとなります。この地域では、ご両親の敷地内に建築計画される方や、ご両親の農地を転用し建築用地とされる方が比較的多くいらっしゃいます。また土地を購入される方にとっても浜松周辺の地価は他の政令指定都市より安価なこともあり、余裕を持った敷地を確保できる条件が整っています

また、気候は穏やかかつ日照率も高く、夏は南西から心地よい風が吹くので窓を開け放ち自然を感じながら室内で過ごせるため、お庭での活動も暮らしの一部として楽しめる条件が整っています。

平屋を建てるメリットとして

  • 老後の身体の負担になる上下の移動が少ない
  • 二階建ては2箇所のトイレが必要だが平屋では一つで済む
  • 階段という移動のためのスペースが不要
  • 建物が低いので地震の揺れを軽減できる
  • 災害時の避難もシンプルかつ迅速にできる
  • 建物と庭のつながりにより屋外の愉しみを暮らしに取り入れられる
  • 部屋から窓を通して植栽を楽しむこともできる
  • 完全バリアフリーすることも可能

などが挙げられます。

平屋スローライフを実現するヒントを施工例写真集にしました。
平屋住宅PHOTO BOOK無料プレゼントは下記の申込フォームからお気軽に。

 

「平屋」のデメリットと注意ポイント

二階建てと比較すると多くのメリットのある平屋ですがデメリットもあります。そのデメリットとして最初から知っておくべきポイントをお伝えします。

  1. 階段は無いが各部屋への廊下が長くなりがち
    →リビングと各部屋を直接つなぐことで長い廊下は不要ですがそのような設計上の工夫が必要です。
  2. 立体的な解放感が制約される
    →二階建てのように吹き抜けは作れませんが天井の高さにメリハリを付けることで変化に富んだ空間構成が可能です。
  3. 子供が親の顔を見ずに外出できる間取りになりやすい
    →子供部屋と玄関ホールが離れる間取りにしたり、リビングと子供部屋を隣接させるといった設計の工夫で解決できます。
  4. 敷地面積に余裕がないとお庭の面積が小さくなる
    →それでも平屋を建てたい場合は、中庭のある平屋として設計してお庭をパーソナルな空間にすることで小さくてもご近所の目線を気にせずに屋外空間を楽むことができます。
  5. 近隣の建築予定を検討項目に加え日当たりや景観を予め確認する
    →住宅会社や設計士に敷地の法的要件や自然条件などを調べてもらい、近隣に2階建て・3階建ての住宅やマンションなどが建つ場合のリスクを出し切っておく。

このようにデメリットや注意ポイントはありますが、それ以上に状況に合わせた解決方法も存在します。敷地に合わせた自由設計であなたの暮らしを叶えるのであれば、それらは解決できることがほとんどです。

 

コストについて

同じ延床面積で二階建て住宅と比較した場合、平屋の住宅の方が基礎面積、屋根面積が大きくなります。建築費用のうちコスト割合が高い工事は、建物を支える基礎工事、そして長年にわたり雨風を凌ぎ続ける屋根工事なので、当然、平屋建ての場合にはこの二つの工事が大きくなります

ですから階段工事が不要でまた水回り設備の数が同じだとしても基本的には二階建て住宅よりも割高となります。建物の規模や内容にもよりますが、二階建てと比べると坪単価で8万円~13万円の差を見込んでおく必要があります。ただ、そのコストアップ以上のメリットがあるのが平屋です。だからこそ十分に検討したいものですね。

平屋スローライフを実現するヒントを施工例写真集にしました。
平屋住宅PHOTO BOOK無料プレゼントは下記の申込フォームからお気軽に。

 

平屋を実現させる秘訣とは

  1. 「まず平屋ありき」ではなく、自分が「どんな暮らしをしたいのか」「どんな時間を豊かと感じるか」から、住みたい家とはどのような場でありたいかを考える。モノや形から入るよりも、大切なのは「あなたの『住まいで叶えたい時間』」なのです。もしかするとあなたの暮らしたい時間を実現するには二階建ての方が適切かもしれません。それでもやはり平屋を!という思いが強いならば、二階建てと比べて割高なコストをかける意味があると確信できるでしょうし、またコストアップを受け入れることへの迷いも無くなるはずです。
  2. 建築予定地、その周辺の法的な要件を調べる。現在の周辺状況だけでなく将来を見越しどのような建物が周辺に立つ可能性があるのかを把握する。
  3. 建てたい家、庭で叶えたいコト、車の台数などにより、その敷地の大きさで平屋が実現可能かを実際の配置計画などで確かめる
  4. 先にもお伝えしましたが、二階建てよりもコストがかかる平屋の計画です。しっかりとした資金計画を行い、費用と予算のバランスがとれるかどうかの確認が必要です。

以上のこの4つのフォーカスポイントを明確にすることが大事です。

 

そのための第一歩は「信頼できる建築会社に相談する」こと。これが本当の始まりです。
上記に挙げた4つのポイントは、法律のこと、お金のこと、建物の規模のこと、周辺状況のことなどです。どれもあなた一人で調べ把握することは難しく、プロの意見によって確信できることが多いのです。

そして、設計士や建設会社の設計提案レベルによっても、あなたの想像を超えた間取りで実現できるのか否か、そして暮らしの質が変わります。まずは、平屋を検討されながらも、その平屋での暮らしをキチンと導いてくれる良い建設会社を探すこと。あなたの不安や疑問を解決していけば、その先には心から確信できる平屋住宅の実現が待っています。焦らずしかし実現に向け一歩を踏み出せるよう応援しています。

あなたの暮らしを考えた平屋づくりの具体的なご相談はお気軽に下記まで。専門のプロがお応えします。


平屋スローライフを実現するヒントを施工例写真集にしました。
平屋住宅PHOTO BOOK無料プレゼントは下記の申込フォームからお気軽に。

 

平屋住宅PHOTO BOOK無料プレゼント申込フォームはこちら

家づくりの叡智- 家づくりの検討・比較

Fine Pick Up