都田DLoFre‘sの性能・品質- 窓・サッシ

部屋の温度を快適に保ち、 健康的な暮らしを叶える高断熱窓『サーモスⅡ-H』

部屋の温度を快適に保ち、 健康的な暮らしを叶える高断熱窓『サーモスⅡ-H』

窓の性能で起こる家の様々なトラブル

せっかく新築で建てた家で以下のトラブルが起こってしまうと、健康面でも家の耐久面でも悪影響を及ぼします。

  • 冷暖房の効きが悪く、無駄な光熱費が発生してしまう
  • 冷房をつけていても室内で熱中症のようになってしまう時がある
  • 室内の温度差が大きいためヒートショックが心配
  • 室内の温度差により結露が発生し、カビの原因になってしまう

実は、それらのトラブルの一番の原因は「窓からの熱損失」なのです。
窓は住まいの中で最も外からの影響を受けやすく、夏場は約70%の熱が室内に流れ込んできて、冬場は約60%の熱が外へ逃げてしまうと言われています。

そのため、先ほど挙げたトラブルを防ぐには、高断熱な窓が必要不可欠ですが、日本の窓の性能は世界基準よりも遅れをとっています。省エネや断熱の基準が厳しい欧州だけでなく、日本と同じくらいの温度域である中国・韓国では、窓の断熱性能の最低基準が設けられています。それに対して日本は、この最低基準そのものが存在しないため、新築住宅においても諸外国では認められないレベルの低断熱な窓になっています。
そこで、窓の断熱性能の重要性を知る都田建設は、一般的な窓よりも圧倒的に高断熱な窓『サーモスⅡ-H』(LIXIL製)を標準仕様とすることで、お客様により快適で健康的な暮らしをご提案しております。では、実際にサーモスⅡ-Hはどれほど断熱性能が高いのか、数値データとともに見ていきましょう。

窓ガラスの断熱性能が非常に高いサーモスⅡ-H

現在リフォームや新築で主流となっているのは「アルミ樹脂複合窓」です。従来品アルミ樹脂複合窓だと一般的に断熱性能が低いと言われているため、熱の伝えやすさを表す”熱貫流率”は3.49W/(㎡/K)と高め。
対してサーモスⅡ-Hは、その約2/3の2.33W/(㎡/K)という低さを誇っています。この数値から、サーモスⅡ-Hの窓ガラスの断熱性能が非常に高いことがわかります。

では、なぜサーモスⅡ-Hはこれほどまでに高断熱なのか、その理由を詳しくご説明していきます。

サーモスⅡ-Hが高断熱な3つの理由

ガラス面積の最大化を図ることで優れた断熱性能を実現

窓の断熱性をアップには、まずガラスの面積を大きくことが重要です。LIXILが開発した独自の技術により、フレーム部分を従来の窓より約1/2にすることで、フレームを極限まで最小化。その分をガラス面積に当てることで一般的な窓よりもガラス面積が大きくなり、より優れた断熱効果が生まれるのです。


また、断熱性能以外にも、窓のガラス面積が広くなることで採光性や眺望性が高まるというメリットがあります。開放的な窓辺で、気持ちのよい暮らしを送ることができるのです。

高性能ガラス『Low-E複層ガラス』で断熱効果を約2.0倍アップ

サーモスⅡ-Hは、高断熱について徹底的に追求した高性能ガラス『Low-E複層ガラス』を使用しています。Low-E複層ガラスは特殊金属膜をコーティングした低放射(Low-E)ガラスなので、熱移動量を少なくすることができます。そのため、一般複層ガラスの約2.0倍も高い圧倒的な断熱性を発揮するのです。
また、Low-E複層ガラスは、肌の日焼けや家具の色褪せの原因となる紫外線を約7割カットすることができます。太陽の明るい光のみ効率的に取り入れることができるので、室内が暗くなる心配もなく、快適で過ごしやすい室内環境が実現します。

ハイブリッド構造でフレームを高性能化

窓は雨風など外からのダメージを直接受ける部分。そのため、優れた耐久性や強度が備わっている窓でないと、メンテナンスや取替える必要が出てきてしまい、結果として手間や費用が発生してしまいます。
サーモスⅡ-Hはそれら手間をかけないために、より長く安心して使える仕様にしました。作りとしては、耐久性や強度に優れたアルミ形材を室内・室外側に分け、熱を伝えにくい樹脂部材でつなぐことで、室内外からの熱の伝わりを遮断するサーマルブレイク構造を採用しています。この構造にすることでフレームを高性能化し、劣化しにくい窓を実現しています。

これら3つの工夫により、一般的な窓よりも熱を通しにくく長く使える高断熱・高性能な窓になっているのです。

高断熱窓で暮らしのトラブルを防ぎ、快適かつ健康的な暮らしを

窓の断熱性能の重要性や、都田建設が標準仕様としている高断熱窓『サーモスⅡ-H』についてご説明してきましたが、改めて、サーモスⅡ-Hの性能や断熱効果によって生まれるメリットについてを振り返ってみましょう。

  • 冷暖房効率を高めることで省エネ化に貢献し、無駄な光熱費もカット
  • 熱中症などのリスクを軽減
  • 室内の温度差を抑えてヒートショックを防ぐ
  • 室内の温度差により発生する結露を防ぎ、カビなどの発生を抑える
  • 耐久性、強度に優れているため台風や大雨などの自然災害時でも安心
  • メンテナンスコストを抑えられる

窓の性能を上げることで、暮らしの小さな不安から大きなトラブルまであらゆる問題を解消し、快適で健康的な暮らしを送ることが可能です。
また、窓周りは水漏れが起きやすいエリアですが、窓周りの防水性能についても都田建設は徹底的に考えて抜いています。下記の記事でご紹介しておりますので、ぜひ併せてご覧ください。

都田DLoFre‘sの性能・品質- 窓・サッシ

Fine Pick Up