家づくりの叡智- 家づくりの検討・比較

500社のHP制作に関わったWebデザイナーだからこそ知る住宅会社比較において、ネット情報収集だけでは絶対に知ることができない大事なこととは

WRITER

三輪尚士 / Webデザイナー

500社のHP制作に関わったWebデザイナーだからこそ知る住宅会社比較において、ネット情報収集だけでは絶対に知ることができない大事なこととは

ホームページからは分からない家づくりの重要なポイントとは?

こんにちは。ホームページを制作しているWebデザイナーの三輪です。私は20年間デザインの仕事をしており、のべ500社以上のホームページやデザインの制作に携わってきました。都田建設さんのHP制作にも関わらせていただいています。私のクライアントは住宅会社や工務店も多く、住宅業界のことも良く理解していると思っています。今回は住宅業界ではない私だからこそ分かる、家づくりでの重要なことをお伝えできればと思います

住宅会社を選ぶ時の重要なポイント

ホームページの雰囲気だけで決めない

私が言うのもなんですが、ホームページだけの雰囲気だけで住宅会社を決めないようにしてください。あくまでホームページは住宅会社を選定するめぼしを付けるために使ってください。今は住宅会社さんはみんなホームページに力を入れられているので、大きな差を見出すことは難しいです。どこも良さそうに見えます。施工実績も10年前は良くない会社も多かったですが、今ではどこも綺麗な写真を撮っています。少し盛った撮り方をしている場合もあるので、興味を持った会社には積極的に見学会やショールームに行って、実際のものを確認したほうがいいと思います

ホームページは、ブログやコラムなど、想いを発信しているページをしっかり読む

住宅会社のホームページは、みな似たような雰囲気になってきていますが、違っている部分もあります。それが大きく現れるのは、ブログやコラムなどのスタッフさんが書いた記事です。デザイン会社がいくらキレイにホームページを作ったとしても、ブログは自分たちで書くしかありません。熱い想いがない会社はブログはあまり更新されていなかったり、内容が薄かったりします。自分たちの信念を持って家づくりをしている会社は、その想いを伝えようとする姿勢がブログからも伝わってきます。興味を持った会社のブログはチェックしてみてください。その会社の姿勢が見えてくると思います。

住宅の口コミサイトを100%信用しない

住宅の口コミサイトがよくありますが、あの内容は100%信用しないようにしてください。もちろん本物の口コミもありますが、同業者同士でネガティブな口コミを入れているのも残念ながら事実です。アマゾンのレビューもネガティブな口コミはほとんどが実際に購入した人でない場合が多く、実際に購入した人にレビューを絞り込むと高評価になると言われています。

ですので、口コミサイトのレビューを鵜呑みにしないようにしましょう

たくさんの住宅会社のショールーム、モデルハウス、見学会、セミナーに参加する

住宅会社さんのホームページをたくさん制作して本当に思うのは、全ての会社が個性があるし、強みもこだわりも違います。ホームページからも感じ取れることもありますが、その会社をしっかり知るにはやはりリアルな行動をすることが一番です。私からのお勧めとしてはできるだけたくさんの会社のショールームやモデルハウス、見学会、セミナーなどに参加して、その会社を実際に感じた方がいいと思います。いろいろな会社を見れば見た分だけ、判断するための材料が揃っていくと思います

「家は人生の大きな買い物」とみなさんが言っている割には、深く検討もせずに契約してしまったり、営業マンが良いからとか、値引きしてもらったからとか、そんな理由だけで決めてしまっている場合も多いように思います。営業マンが良い人だろうが、何十年もローンを支払うような人生の大きな買い物の購入は慎重に検討したほうがいいと思います。

注文住宅は、家を作り出す前に契約するという事実をしっかり認識する

通常お店に行った時、商品を選んでからお金を支払います。なので、商品と対価のズレはあまり起こりません。しかし、ホームページを制作する場合は、ホームページを制作する前にお客様と契約を結んで、その後からホームページの制作を開始します。デザインが出来上がる前に契約を結ぶので、その後「こんなデザインのために契約したんじゃない」とトラブルになることは、私たちの業界はよくあります。私の会社はそのようにならないよう最善は尽くしていますが、よくお客様から「前のホームページ制作会社で失敗してしまい…」という相談はとても多いです。

注文住宅も同じで、いろいろな住宅会社を比較検討して「ここだ!」と決めたとしても、あなたの家が設計されて建つ前に「契約」をしなければなりませんまだ見てもいない物のために何千万を支払う契約をするわけです。契約して家づくりを始めた後に、「営業マンと言っていることと違う」「設計デザイナーとうまが合わない」「納得するデザインにならない」となることも多く、そうなったとしても契約は破棄できず、家づくりを進めるしかないですし、ローンは払い続けなければなりません

まだホームページで失敗したなら「次回は気をつけよう」となりますが、ほとんどの人が一生に一回の家づくりで失敗したら、次回で挽回することはできません。家を購入することを考えている時は、楽しい思いがふくらむばっかりで、もしものことをあまり考えないと思いますが、モノがモノだけに、冷静になって、「自分たちの理想の家づくりを本当に行ってくれる会社はどこだ?」というのをしっかりと見極めてください。

契約を急がせたり、値引きは疑う

上記でお伝えしたように、家の契約はとても慎重に行う必要があります。しかし、会社によっては契約を急いで迫る場合があります。そういった場合は注意しましょう。彼らの売上目標のために契約を迫っている場合があります。家づくりは家づくりを行う人が「主体的」に行うべきで、住宅会社が「主体的」ではダメです何千万も払ってローンの責任を負うのはあなたなわけですから。

また、大幅な値引きをする会社も疑った方がいいです。そもそもなぜそんなに値引きができるのかを考えた方がよく、値引きをされる前に契約を決めたら高い金額をつかますつもりだったのかと思えてきます。ホームページ業界も最初に出した見積もりから大幅に値引く会社が多くありますが、正直者にとってそういうやり方は不誠実だと思います。なので私も大きな値引きをしないのは、どのお客様も不利益を被ってはダメで、全員に対して誠実であるには、最初から適正の価格をご提示することだと思っています。

家を建てた後もメンテナンスをしっかりしてくれるのかを確認する

私たちのホームページ業界も、「ホームページを作った後から対応が悪くなった」「メンテナンスを依頼しても全然対応してくれない」と言ったお悩みを聞くことが多いです。ホームページ業界も、メンテナンスの対応は手間がかかるので、やりたくない会社が多いのですが、お客様にとっては、ホームページを作ってからが始まりです

住宅も同じで、作った後もお客様は何十年もその家に住むわけなので、お困りごとがあった時にはすぐに対応してくれる住宅会社のほうが、「パートナー」としてふさわしいと思います。おしゃれな家とか、見てくればかりだけで住宅会社を選ばず、建てた後も誠意を持って対応してくれる会社かを見極めましょう

最後に

いかがでしたか?ちょっと深い内容も多いのですが、横から住宅業界を見て思ったことを書かせていただきました。みなさんの家づくりが上手くいくよう応援しています。また、都田建設さんは私が見てきた住宅会社の中でもダントツに誠意のある会社だと思います。まずは、都田建設さんのことを深く知るためにいろいろな見学会やセミナーに参加されることをお勧めします。

WRITER

三輪尚士 / Webデザイナー

家づくりの叡智- 家づくりの検討・比較

Fine Pick Up