家づくりの叡智- 家づくりの検討・比較

浜松で「ペットと暮らす家」
注文住宅で叶える5つの秘訣

浜松で「ペットと暮らす家」<br>注文住宅で叶える5つの秘訣

ペットは既に飼っている人にとっては家族の一員であり、またマイホームを建てたら飼いたいと考える人にとっては憧れの近未来の姿です。浜松ではこのような暮らしへのニーズが年々高まっています。

そのようなご家族は、決まりきった間取りに住むのではなく豊かな時間を住まいの中で実現しようとする機運がとても高く、また子育て世代のご家族は優しい子供に育ってほしいという気持ちからペットを大切に生き物への愛情を育むようにしたいと願う方々です。

自分らしい生き方や暮らしを形にした住まいづくりは、今後ますます広がっていくと考えられます。そこでペットと暮らす上で、ペットも人もストレスをできるだけ少なく、安心して新築の家を保つ5つの秘訣を厳選してお伝えしたいと思います。

 

ご家族の大切な時間の中でのペットとの暮らしがある

ペットといっても、犬、猫、ウサギ、ヤギ、鳥などさまざまです。特に、ここ浜松のように自然豊かで人もおおらかで敷地も他のエリアと比べても広く確保して住宅を建てることができるエリアでは、配慮さえあれば気軽に動物を飼うことが可能となります。

ペットと暮らす上で大切なのは、飼いたい動物の基本的な生理行動をしっかりと知っておくこと。そして、ペットが好む動きや習性をよく調べてから空間づくりを行うことがとても大切です。

ペットは、人の心を癒し日常を楽しくしてくれます。一方でペットに対してはもちろん、ペットとの触れ合い以外にもご家族様一人一人が大切にしたい時間や新しい住まいで「やりたいコト」などが他にもあるはずです。パーソナルな時間・家族の時間・ペットとの関わり方のコンセンサスを、ご家族で話し合っておくことがとても大切なのです。何となく動物が好きだから… で始めたペットとの暮らしが、家族のストレスになってしまったのでは、人はもちろんペットにとっても幸せなことになりません。

 

まずこれらについて家族で話し合ってみましょう。

  1. 家族みんなでどんな暮らしをしたいか?
  2. 将来、趣味をしてみたいか?
  3. 家族一人一人の大切にしたい時間とは?

その上で、ペットとの時間がどう在りたいかを家族で話し合うことからスタートすることを強くお勧めします。ご家族だけで話し合うのが難しい方は、建築会社の設計士やデザイナーに入ってもらい、要望を出し合っていくことで家族それぞれの意見が一つの方向にまとまっていくものです。

 

動物の居場所、拠点を確保する

野生ではないペットであったとしても、自らのテリトリーの確保が安心感につながることが分かっています。テリトリーとは縄張りのことです。住いの中に安心できる縄張りをつくってあげることで「ここは自分の空間だ」と認識し、そこに戻ると落ち着きを保つのです。それは、ゲージや小屋などの小さな囲われ空間であっってもいいのです。

寝る・食べる・排せつする、これらの活動をいつも決まった場所で行うことで、住まいの汚れやペットに関するモノが煩雑になることを防げるのです。そして、ただ場所を与えるだけではなく、躾と習慣づけを行うことで楽しく共存できるのです。

 

その「決まった場所」を後から設置する(ゲージや小屋を室内に置く)ことのメリットは、家族の成長やペットとの関わり方の変化によって柔軟に変えることができることです。デメリットは、人のための空間を占領したり日常動線の弊害となること。なので当初から少し広めの余裕をもった間取りづくりをお勧めします。

一方、ペット用の小さな部屋をつくる場合のメリットは、予め間取りの中に組み込まれるのでペットのモノで室内が散らかることがなく、動線の邪魔となることが少なくモノが煩雑になることを避けられます。新築をお考えの方なら、家族の一員としてのペットの場所づくりを検討されるのがよいでしょう。ペットへの愛情をもって間取りを考える時間も楽しいものです。

 

親しき中にも程よい距離感が大切なのは、人間同士もペットと人間でも同じです。その距離感によって、癒しとなるかストレスとなるかが決まると言っても過言ではありません。そこで考慮することは、空間の境となるドアによって距離感を自然に取れるようにしておくこと。ペットが室内で自由に移動したり、逆に自由に移動させない工夫としてドアの選定が大切になります。

  • ペットも人も自由に → 引き戸
  • 普段は閉めておきたいがペットは自由に → 小窓付きドア
  • ペットは入ってほしくない → 開きドア

 

オープンな空間ではあるがペットの出入りを防ぎたいときは、腰までの鍵付きのスイングドアをうまく活用するといいですね。近年は建材メーカーからもペット用建具が多く発売されています。また中にはペットに合わせた建具を職人にオーダーして、より自分たちらしいペットとの関わりをドアの在り方から考える人も増えています。

 

お庭と家の間に設けるモノ

ペットと暮らす上での楽しみの一つは、お庭でいっしょに遊ぶ時間ですね。アパートやマンションには無い「庭のある暮らし」。空・土・木・風など自然に触れる機会であり動物にとってもとても嬉しいことです。フェンスでお庭を囲ってドッグランを作ったり、ペットと戯れるためのベンチを置いたり、室内では実現できないお庭での楽しみ方は無限です。

そこで、ひと工夫したいのがお庭と室内との境目の空間です。お庭に出たり戻ったり、散歩に行ったり帰ったり、外と内の境界として汚れを落としたり洗ったりなどの行為ができる、ペット用の小物置き場を兼ねた場所をつくることをお勧めします。床を水で流せる準備室というイメージです。ペットとの日常のルーチンがスムーズにおこなえます。

 

勝手口などの近くに設けることで、人間のための玄関や収納と兼用するより、動物の毛や身体に付いたホコリが家族のモノに飛び散ることもありません。快適な室内空間を保つためにも、汚れを落とす場所の確保はしたいものです。ペットとの関わりはご家族それぞれで異なり多種多様です。こだわりを叶えることができる自由設計で家づくりすることで、自分らしい空間になるワクワクを楽しんでほしいですね。

 

素材や窓の選び方

室内でペットを飼う際には、ペットの身体が触れる場所に使う素材への配慮が必要です。特に床の仕上げについては硬めの無垢の木がお勧めです。

ペット用の合板フローリングもありますが、表面がコーティングされているので新築当初は傷つきにくい反面、ペットが滑りやすく、また床を長持ちさせるためにワックスをかけると滑りやすく、かけないとフローリングの表面が乾き上層の割れの原因となるなどのデメリットもあります。合板フローリングは、新築時は綺麗なのですが時間が経つと少し傷みが目立つ恐れがあります。

 

一方、ナラ・サクラ・ウォールナット・アカシアなどの硬めの無垢の床板材は床板の芯まで同じ素材なので表面が傷つきにくいうえに、家族がつけた傷と経年変化の美しさがいい感じであいまって愛着を感じられる素材として人気が高く、また満足度がとても高いのです。

浜松は比較的敷地に余裕のあるため大都市圏よりも家同士が接近していませんが、そうはいってもはご近所様への音の配慮あらかじめ十分考慮しておくべきです。深夜・早朝の静まりかえった時間帯に、窓を閉めているにも関わらずご近所にペットの鳴き声が響き渡るようでは大きなストレスを与えてしまうので、気密性能を少し高めにしたり、防音サッシまでは必要ありませんがペアガラスサッシなどで音に対する配慮も検討する必要があります。このあたりは、建築会社と相談の上、コストと性能品質、そしてライフスタイルのバランスをじっくりと検討することが大切です。

 

まとめ

新しい住まいで、ペットのいる時間を家族との幸せシーンとして思い描いて家づくりをする人達の嬉しそうな表情をたくさん見てきました。実際に家が完成して、Stay Homeの期間であっても家の中やお庭でペットと触れ合いながらストレスなく過ごしている方々からペットと暮らす家づくりのヒントを沢山いただく中で、多くの雑誌やカタログに載らない大切な5つのポイントに絞ってここにお伝えしました。浜松でペットと共に自然を感じながら暮らしたい方々のヒントにしていただけると幸いです。
ご拝読をありがとうございました。

 

 

 

 

 

家づくりの叡智- 家づくりの検討・比較

Fine Pick Up