都田スタイルの家づくり- 設計・デザイン

GOOD DESIGN賞受賞 – 北欧を感じるホテル&レストラン「白のMINKA®️」-

GOOD DESIGN賞受賞 – 北欧を感じるホテル&レストラン「白のMINKA®️」-

北欧を感じるホテル&レストラン

概要

静岡県浜松市の北部。民家と農耕地が点在する長閑な田圃風景に位置する。
交差点を挟んだ2敷地内に計画された施設であり、ホテル(簡易宿所)とカフェレストランを主用途とする複合施設である。
ライフスタイルを提案する施設であるとともに、地球発信・地球活性化に貢献することを意図した施設としてつくられ、スローでクリエイティブな雰囲気を感じることが出来る場である。

背景

地方都市において、人口減少・高齢化・訪問観光客減少などの傾向にある。
地域の魅力・強み位に気付き、地域コミュニティーを活性化させ、ローカリティーの確立・訪問観光客など人を呼び込む場づくりが求められている。
地域住民だけてなく、国内外の域外の人にその魅力を伝達することは非常に有意義である。

DESIGN CONCEPT

「小さな民家」をもとに日本文化の深化と北欧デザインとの融合。
自然と人の共存の中で、これからの自分と出会う場所。

企画・開発の意義

新鮮で爽やかな気が流れる場により、五感と心が浄化される。先入観や固定概念に囚われることない純粋で素朴な視点から、地域の魅力が再認識・再発見される。さらにpureでsimpleなライフスタイル提案を体感・体験することにより、地域の将来未来に向けて、インディペンデントでクリエイティブなライフスタイルを産み出す魅力的な機運を醸し出すことが出来る。

創意工夫

昔からそこにあったかのように感じる民家群そして集落とし、「地」となり、あくまでも、そこの景色・風景・環境が主となるような計画とした。旅先で体験する街並み・路地裏で、角を曲がる度に新たな風景を発見するような、そんな体験を感じられる建物間の「スキマ・ヨハク」が中心となる施設配置計画。建物間から垣間見える風景を眺め、新鮮な目で、そして新たな視点にて地域環境を再認識してもらうことが出来る。

デザイナーの想い

施設自体が主張するのではなく、「地」となり、もともとあった景色・環境・地域が主である「図」となることにより、新たな目線で、その地域の魅力に気付くことが出来るような施設デザインを目指した。先入観や固定概念にとらわれることなく、地域の魅力を再認識し、地域コミュニティーの活性化そして域外の人を呼び込む場の一部となってほしい。

▼▼ ご予約はこちらから ▼▼

都田スタイルの家づくり- 設計・デザイン

Fine Pick Up