都田DLoFre‘sの性能・品質- 耐久性能

壁内結露を防いで家の耐久性を守る外壁通気工法

壁内結露を防いで家の耐久性を守る外壁通気工法

家の耐久性を低下させる壁内結露


木造住宅の室内で発生した水蒸気や外部からの湿気は、壁の仕上げ材料や隙間、床下などから入り込んできます。壁内の温度が高いときは問題ないのですが、壁の中の温度が下がってくると、内部結露やカビの発生がしやすくなります。それにより、室内環境が汚れてしまったり、木材が湿気や乾燥により膨張・収縮を繰り返すことで建物の耐久性を脅かすことも。

現在では壁体内の湿気を外部に放出する「外壁通気工法」を施した住宅が主流になっていますが、昔の住宅では採用されていないものが多くあります。もし木造住宅で外壁通気工法を施工せず、外壁の中に防水シート(透湿防水シート)を施していた場合、建物の外からも室内からも湿気が壁の中に入り、住まいの耐久性をより低下させてしまいます。

外壁通気工法で建物に湿気が溜まるのを防ぐ

都田建設では、建物の形状によって多少施工方法が変わりますが、「外壁通気工法」を全ての住宅に実施しています。外壁通気工法の構造としては、外壁の下と上に空気が通る層(通気層)を設け、壁内の水蒸気が出やすい透湿防水シートを貼ります。それにより、外部からの空気を流しつつ、壁内にある湿気を透湿防水シートから通気層を通して外部に放出することで、快適な室内環境と家の耐久性を湿気からお守りしています。

通気スペーサー『アクエアー』で断熱材の性能を守る

都田建設は外壁通気工法として、通気層の厚みを確保する通気スペーサー『アクエアー』を施工しています。通気スペーサーは、断熱材が膨らみ、通気層が狭くなることを防ぐ役割を担っています。 通気層の厚みを確保して結露を防ぐことで、断熱材の性能を維持することができるのです。
また、『アクエアー』は透湿性能のあるダンボールを素材としています。そのため、湿気の排出を妨げる心配もなく、安心して使用することができます。

防虫ネットで通気口からの虫の侵入をブロック

通気層をつくると、「虫が入り込んでくるのでは?」と心配になられる方もいらっしゃると思います。そこで都田建設では、防虫ネットを施工することで、シロアリなどの厄介な虫の侵入をブロックしています。
また、防虫ネット以外にも、防蟻性・持続性に優れた本格的なシロアリ対策も行なっていますのでご安心ください。

湿気を防いで健康的な家づくりを

湿気は家や住む人によって大敵。建物に湿気が溜めないことが、健康的な家をつくるための大原則です。
都田建設では、外壁だけでなく床下の湿気対策も行なっています。腐食やカビの発生、シロアリ等による食害を防ぐことで、快適な室内環境の実現と、大切な住まいの耐久性をお守りします。

都田DLoFre‘sの性能・品質- 耐久性能

Fine Pick Up