produced by DLoFre's®️

0120-14-2750

受付 10:00-19:00

お問い合わせ
資料請求

リクルート
情報

都田建設では地震からご家族を守る「耐震・制震」にもこだわっています

こだわりぬいた「耐震・制震」

都田建設で地震からご家族を守る住まいとして大切な3つの要素である地盤、基礎、構造躯体の強さをトータルで強化し力を
発揮することが大切だと考えます。
この浜松エリアを中心とした地域は必ず巨大地震が来るといわれ続けています。
地震への備えは万全を期しかつ、長期で機能する地震に強いシステムで全建物をお作りします。

1.地震に強い天然砕石パイル工法を採用

都田建設の採用している天然砕石パイル工法は
100年に一度の大雨と、大地震を想定した強度を誇ります。

(注)都田建設では、全ての家に地盤調査を行います。
調査の結果、調査データに基づいて地盤改良が必要な場合にこの工法を採用します。

地震に強い工法です

大地震時には図のように地層の境目に沿って、せん断力が
かかります。セメント柱状杭や鋼管杭などでは、杭が折れ
てしまい家の重さに耐えきれなくなり、家が傾いたり沈ん
だりします。
これが、天然砕石パイル工法だと、せん断に対して追随す
ることで、杭自体の破損はおこりません。
また、地盤そのものを強くしますので、地盤の揺れによる
共振をやわらげる効果があります。

液状化に強い工法です

砕石パイルはそれ自体が水を通すため、水圧を逃す効果が
あり、何本も造られた砕石杭によりその効果は絶大で、地
震による液状化を事前にくい止めることができるのです。

2.一体打ちべた基礎で家の傾きと沈下を防ぐ

打ち継ぎではなく一体基礎となるため強度・防湿効果に優れています。

「一体打ちべた基礎」とは、建物の外周部の立ち上がり部分(布基礎部分)と、それに囲まれた建物の下部全体を鉄筋コンクリ
ート造りの板状にしたものとを一体化し、強固に接続させるものです。
接地面積が増えるため、地盤の過重負担が減るとともに、基礎全体の剛性も高まります。
従来工法に比べ、継ぎ目がない事で浸水、湿気が内部に侵入せず、建物の防水、防湿性を高めることができます。
また、縦の力、横の力の両方に耐える設計となっている為、耐震性に優れている事が破壊実験により立証されています。

メリット

  • 基礎が丈夫で打ち継ぎがなく、仕上がりが綺麗
  • 止水、防蟻対策に効果があります
  • 土間の養生期間も一体打ちにより工期短縮
  • 打ち継ぎ面の補修が必要ありません
3.地震から家を守る耐震・制震金物

都田建設が採用している『ミューダム』は、
揺れ幅80%低減を実現させた世界初の
「金属流動」ダンパーです。

金属流動とは、繰り返し摩擦を受けてもその摩擦抵抗力がほとんど
低下しないアルミと鋼材の組み合わせで、九州大学との10年以上の
研究の結果、世界で初めて発見しました。兵庫県南部地震×48回の
耐震実験を受けてもミューダムは全く問題ありませんでした。

地震エネルギーで金属流動を起こし揺れを低減します。
また、サビにも強く60年以上の耐久性があります。

ミューダムは、内鋼管と外鋼管が刀と鞘のように二重構造になっており、スライドできる筋交い型ダンパーです。そのスライド部分にボルトで強く締め付けたアルミ板を仕込んでおり、地震時に伸び縮みして金属流動し、地震エネルギーを熱に換えて、揺れを減らします。また、腐食前と腐食後のミューダムで繰り返し100回の耐震実験を行っても、耐力は低下することなく安定していることが実証されています。夏冬の温度や揺れの速度にも依存しません。