会社案内

新たな時代の働き方

新たな時代の働き方

 

都田建設では、働くということを、欲しいものを手にれるためにお金を稼ぐ場所、自分の技術や知識を活かす場所と捉えていません。お客様に物に溢れすぎない丁寧な暮らしを提唱しているのに、私たち自身がモノを手に入れるために働いていては元も子もありません。働くということは自分の在り方を見つめ直し、高みに昇らせること、ひいては自分個人の人生も心豊かにしていくことと捉えています。私たちは消費のために働くのではなく、自分らしい人生を楽しむ「新たな時代の働き方」を実践しています。

都田建設の働く価値観

新たな時代の働き方

無我夢中

仕事もプライベートも全力投球し、夢に向かって突き進んでいきます。

無償の愛

お客様、仲間、家族、友達、地域の方がたに常に感謝し、利他の精神で自らも与え続けます。

分かち合う

楽しいこと辛いこと、どんなことでも分かち合える仲間がいれば、人間はつようなれます。

幸せだと胸を張れる生き方

幸せですかと問われて「はい」と言えないのは、物だけの幸福感を求めてきたからかもしれません。物に囚われず、自分自身が幸せだと思う価値観を築きます。

覚悟を持つ

他責にすることなく、一度きりの人生、悔いのないように覚悟を持って精一杯生きる

必要とされる人間になる

自分よがりに振る舞っていたら、いつか周りから人がいなくなります。「あなたに頼みたい」と言われるような人から愛される人間になります。

自然環境を大切にする

今ある地球や自然を当たり前と思わず、自然に感謝し、環境が保全できる、未来に残していける生き方をする

「ワークライフ・インテグレーション」をより推し進める

社会では働き方改革という名のもと、仕事とプライベートの時間を明確に分け労働時間短縮の考え方「ワークライフバランス」が人々の仕事観にも変化が生まれようとしていた中で、2020年、新型コロナによってさらに生活様式をも大きく変わる時代となりました。時間のメリハリは非常に大切です。その上で、私たちは2007年から変わることなく「ワークライフ・インテグレーション」を掲げてきました。

この意味は、仕事と個人の人生が高い次元でリンクし合い、仕事の「やりがい」と個人の人生の「生きがい」が統合し、そのことによって躍動した日々を送るということです。やりたいと思うことを思い切り!それが充実感生むという考え方です。好きなことであれば、情熱を込められることであれば仕事もプライベートも関係ありません。私たちは、美しいと感じる暮らしを自ら体験しながら、家づくり、お庭づくり、インテリア提案、料理を通じその満ち足りた人生の幸福感を伝えています。

都田建設のワーキングスタイル

生まれた時から与えられている自然環境を当たり前と思わず、自分たちの心がけ次第で保全も破壊もされることを理解し、未来に繋げる活動を行う

都田建設では、「人として」「都田建設の社員として」全員が高い能力と高い向上心に溢れた会社を目指し、独自のワーキングスタイルを追求しています。社員全員が成長できる環境であり、常にお客さまへ最上級のサービスをご提供できるための仕組みづくりを徹底しています

  • 週に一回、全員でBBQを行っています。
  • スタッフ同士の記念日を大切にします 全員がニックネームで呼び合います
  • イベントを通じ、地球環境への寄付・ボランティア参加(収益金の寄付先はスタッフで話し合って決める)
  • カルチャー・ギャラリー(ドロフィーズKirara)への業務時間内の自由参加(自分発見、新しい趣味に)
  • 社外研修への積極的参加(100%会社負担)
  • 社内勉強会の積極的実施(240時間/年)
  • 休憩時間の自己自由管理
  • 毎年利益の一定%を自ら「未来の地球税」と課して福祉活動、地球環境活動、災害支援活動に寄付を行う
  • 社長と毎月面談を行えます。自らの不安、悩みをシェアしてくれます
  • 産休、育休後も、夢を実現できる環境を大切にします
  • マイはしストラップを全員が首からかかげ仕事をしています

なぜ都田建設がこのような自由なワーキングスタイルを採用しているかというと、お客様を一番に想っているからです。お客さまへ本物の『おもてなしの心』で接するためには、スタッフ一人一人が豊かな心を持ち、笑顔に溢れた暮らしを実践ことが大切だとです。そのために、スタッフのお互いの魅力を発見し、伝え合う場をつくり、自分の成長を伸ばすことが、結果的にお客様にとってもスタッフにとっても、幸せなのではないかと都田建設は考えています。

会社案内一覧に戻る

Fine Pick Up