会社案内

全国出版

全国出版

フィンランドでお神輿を
新しい価値を生み出す場づくりの教科書


著:蓬台 浩明(都田建設社長)
プレジデント社 刊
発売:2020年2月

各界から視察が殺到!
浜松に1万坪のフィンランドヴィレッジを作った男が
世界に発言する「地域発イノベーション」の起こし方!

静岡県浜松市北部にある「都田」(みやこだ)。高齢化と過疎化が進む地域に、週末になると近隣から月に1万人を超える人々が訪れる。目当ては地元の都田建設が作った「ドロフェーズキャンパス」。豊かな自然に囲まれた環境のなかで、北欧的スローライフを満喫できることが人気を呼んでいる。また、同社はフィンランドの交流活動を独自に進め、「日本・フィンランド国交100周年」に当たる昨年はフィンランドにお神輿を寄贈、首都ヘルシンキで双方の国民が一緒に担ぐというイベントを行って話題を呼んだ。

本書はこのようなイノベーティブな取り組みが注目される同社社長の蓬台浩明氏が、その軸となる自らの経営哲学を明らかにするもの。仕事や社長、地域住民、環境、伝統との向き合い方を通して、真の豊かさとは何かを説く。GAFAに象徴されるグローバリゼーションの対極にある、人間の本質に根ざしたイノベーションのあり方をローカルからグローバルに発信しようとする蓬台氏の念いが全編を貫く注目の書。

この本は、
「一体感のある組織づくり・チームづくりに悩んでいる人」
「地域創生の方法で悩んでいる人」
「小さい組織ならではの新しい価値創出に興味がある人」
など、経営者はもちろん、現場のリーダーにもおすすめです。

 

「誇り」となる会社の作り方
地方の中小企業が、なぜ国連に認められたのか?


著:蓬台 浩明(都田建設社長)
現代書林 刊
発売:2017年3月

あなたの生き方、働き方が輝き、あなたの会社がもっと愛される!!

CHAPTER1.「誇り」となる会社に必要な空気感
CHAPTER2.「誇り」となる会社に必要な美の追求
CHAPTER3.「誇り」となる会社に必要な街づくりとの関わり
CHAPTER4.「誇り」となる会社に必要な環境行動とは?

正しいことをする、曲がったことはしないという、しっかりした価値観を貫く企業は、優秀な人材を呼び込み、ブラント価値を高め、顧客や取引先の信頼を勝ち得ると考え、日々、実践しています。つまり『利他の精神』を含めてのモラル(道徳)をベースにした経営こそが、これからの時代の主流になるのです。

社員が仕事に誇りを持ち、会社に誇りを持ち、働いて生活をしている地域に誇りを持つ。こうした誇りを備えた企業だけが、これからの時代に生き残れる。日本人が忘れかけている「誇りを持つこと」、「誇りにできる人と組織」の作り方、そしてその「実践」が書かれた一冊です。

 

吉田松陰の言葉に学ぶ本気の生きざま
カリスマ経営者が実践!


著:蓬台 浩明(都田建設社長)
現代書林 刊
発売:2015年1月

あなたの心に火をつける、松蔭の熱い言葉37選!
紀伊国屋ウエブストア、楽天ブックス ベストセラーランキング1位

第一章 心がまえ

吉田松陰が多く残している「心がまえ」に関する名言を紹介しながら、著者・蓬台なりに考え、実践していることを読んでいただきたい。

第二章 姿勢(態度)

人として生きていく上で、どのような姿勢(態度)が美しく素晴らしいことなのか。
吉田松陰も塾生らに説いていた名言をヒントに学び、実践していきましょう。

第三章 生きざま

どんなきれいな言葉を使うよりも、どんなきれいな身なりよりも、どんなにお金があるよりも、尊い価値があります。それは、あなたがどのような「生きざま」であるか?

第四章 信

ここまで「心がまえ」「姿勢(態度)」「生きざま」を磨いてきたあなたには、「信」が宿る素地ができているはず。「信」を我がものとするために学びましょう。

本書では、厳選した吉田松陰の原文と、現代語訳を掲載し、著者・蓬台が松蔭の言葉をどのように受け止め、ビジネスや経営にいかしてきたのかを紹介します。さらに演習(ワーク)として、読者であるあなたが、松蔭の言葉から得た気づきを記入できるページを設けています。ぜひ本書を通して、松蔭の教えがあなたの血肉となって、躍動する人生が手に入り、あなたを未来のリーダーへと導いていくことを願っています。

 

人を動かすリーダーの「おもてなし力」の磨き方


著:蓬台 浩明(都田建設社長)
日本実業出版社 刊
発売:2013年12月

2012年度経済産業省おもてなし経済企業選受賞!

ますます重要になる「おもてなし力」

「どれもこれも同じ」「別にどの商品でもいいんじゃない…」
製品の質やデザイン性が向上し、均一化していく時代、他と差別化するポイントとなるのが、そのサービスを行なっている会社の「おもてなし」の力といえます。

ルールやマニュアルにできない「心の使い方」

しかし、「おもてなし」はルールで決めたり、マニュアルを作ればできるというものではありません。リーダーやメンバー、一人ひとりの自発的な、しかも愛のある行動がなければ、実践できないものです。

リーダーにこそ必要な力

では、どうしたらいいのでしょうか。
チームあるいは会社が、おもてなし力をつけるためには、実践にはそのリーダーが、おもてなしを実践できる能力を身につけていなければばりません。しかし、どのように考え、行動すれば、おもてなし力をつけられるのか、マニュアルがないだけに身につけたくてもなかなか難しく、悩んでいる方も多いものです。

「おもてなし」経営のトップリーダーが教える「一番大切なこと」

本書は、「2012年度 おもてなし経営企業」に選出された会社のリーダーが、部下の気持ちを前向きにし、自らが相手のために考え、動く、そんな社風の会社にするための方法を丁寧に書いた一冊です。どのような考え方をし、どのように行動すればよいのか、単なるリーダーとどう違うのか。著者自身の例を出しながら、実践的に教えます。一段上のリーダーになるための心と行動の磨き方が詰まっています。

 

お客様に選ばれる「社風力」をつくる


著:蓬台 浩明(都田建設社長)
日本実業出版社 刊
発売:2012年12月

DLoFre’s(ドロフィーズ)を軸に、
全員が主役のチームで感動を生み出す。

営業マンゼロ、ショールームなし、広告宣伝費もほぼゼロ!にもかかわらず、「12年連続増収・増益」を達成している都田建設のユニークな経営手法を紹介。

同社の最も特徴的な経営手法は「おもてなし経営」。お客様をおもてなしするのは突然として、同社では社員同士が互いにもてなし合い、それが結果的にチーム力・社風力を高めています。

会社の雰囲気が、「お客様のため」を思う方向を向いていなければ、たとえ、「おもてなし」を揚げていても敏感なお客様はすぐに気づいてしまいます。

そこで大切なのが社風です。お客様が、「この会社なら家づくりを頼んでみたい」と思わせる社風、「もっと付き合ってみたい」と感じさせる社風をどのようにして作り上げてきたのか。

本書では、おもてなし経営のための社風をつくり上げるため大切にしている「夢・愛・自由・仲間(DLoFre’s:どドロフィーズ)」をキーワードに、会社経営の基本的な考え方、どのような仕組みで社風を高めているのか等を、詳しく紹介します。

地域で「選ばれる小さな会社」を目指す、すべての中小企業の参考になる本です。

 

おもてなし経営


著:蓬台 浩明(都田建設社長)
東洋経済新報社 刊
発売:2011年5月

日本が誇るべき「心」の経営のお手本がここにある

これからのものづくり企業はいかにして価値を生み出すのか―。現在成功する企業に特徴的なのは、「もの」を作っていながら、その価値においては「もの」を越えた何かを生み出すところにある。

浜松で急成長中の都田建設は、モデルハウスなし営業マンなしで地域一番店となり、10年連続増収増益など着実な成長を遂げ、中小企業ながらも全国に名を馳せつつある(県知事賞、環境大臣賞など多数受賞)。本書は都田建設社長が明かす次世代型価値創造であり、前著『社員をバーベキューに行かせよう!』からさらに進んで、顧客満足の方法と哲学が丁寧に解説されている。

 

もし、大統領が日本で家を建てるとしたら!?


著:蓬台 浩明(都田建設社長)
東京書籍 刊
発売:2010年12月

1本の映画のような家づくり
Amazon ベストセラーランキング1位

もし、世界の大統領が日本で家を建てるとしたら、どのような家を建てるでしょうか。どのような材料で、どのような間取りにされるでしょうか。どのような地域に住みたいと思われるでしょうか。 大統領に「日本に住みたい!」という衝動をいだかせるためには、日本の家づくりが魅力あるものでなくてはなりません。私たちは、日本のこれからの家づくりにあたり、3つの価値を提唱します。

1:素足で気持ち良く過ごせる家
2:感動で涙を流す過程を楽しむ家づくり
3:自然体でつながりが実感でき、未来がワクワクする生活

これら3つの価値を、どのように実現させていくのか。これからの日本の家づくりに求められる要素を、さまざまな成功事例を通して提案していきます。

 

社員をバーベキューに行かせよう!


著:蓬台 浩明(都田建設社長)
東洋経済新報社 刊
発売:2010年6月

書店でもベストセラー1位に!
全国各地から感想のお便りをいただいています。

・Amazon 新刊・予約ランキング1位
・2010年6月20日 日本経済新聞 書評掲載
・2010年6月24日 静岡新聞に記事掲載
・2010年8月 増刷決定「2刷」となる
・2010年8月21日 朝日新聞にインタビュー記事掲載
・2010年8月27日 中日新聞にインタビュー記事掲載
・2010年8月31日 日刊ゲンダイに取材記事掲載
・県内115の図書館に寄贈
・発売日前から110日間以上連続100位以内にランキング入り!
・2010年9月2回目増刷「3刷」となる
・2010年10月2冊連続で4刷となる

風と一つになった会社

組織は人間で決まる。著者の会社では、週に一回晴れた日に社員全員でバーベキューを行う。そこで生まれるコミュニケーションが結束力ある組織を生み、ひいては企業の強さを生む。テレビ東京系「たけしのニッポンのミカタ!」で全員がバーベキューをする様子が紹介され、全国的に話題になった。本当の成長をつかみ取るための秘策を一挙公開する。

 

サービスは「かけ算」


著:蓬台 浩明(都田建設社長)
東洋経済新報社 刊
発売:2009年7月

Amazon 総合ランキング1位
都田建設で家を建てられた方・ご近所の方からの反響のお手紙や、
静岡県知事や浜松市長より、感想などのお手紙をいただきました。

・Amazon 新刊・予約ランキング1位
・予約段階でAmazonランキングサービス部門1位
・2009年7月3日発売日にAmazonベストセラー総合ランキング1位
・発売から2週間で増刷決定
・2009年7月25日「工務店新聞」1面に紹介とインタビュー掲載
・県内外101の図書館に奇贈
・発売日前から100日間連続100位以内にランキング入り!
・2009年9月2日2回目の増刷「3刷」となる
・2009年9月17日3回目の増刷「4刷」となる

無名で小さい会社こそ、「感動体質」ではい上がれ!
「顧客の期待を超える方法」、その知られざる方法を一挙公開。

この本は、無名で小さな会社でもブランドカンパニーへと成長する秘訣を紹介し、あなたの会社でも実行しやすいプログラムにまで落とし込んだものです。まさに、輝く中小企業の秘密はサービスレベルを磨き上げること。そして、サービスはたし算ではなく、「かけ算」なのです。この「かけ算」でサービスレベルを磨き上げれば、どんなに小さな会社やお店だって、お客様に愛される会社へと成長し、ブランド会社になれるのです。

会社案内一覧に戻る

Fine Pick Up