produced by DLoFre's®️

0120-14-2750

受付 10:00-19:00

お問い合わせ
資料請求

リクルート
情報

都田建設スタッフがドロフィーズの活動や魅力をお届けします

  • DLoFre'sリノベーション課の大谷です。

    世界一マリメッコが似合うヤギ「マイヤ」と「リソラ」がDLoFre's に来て約二週間。彼女たちもだいぶ環境に慣れてきて、二匹仲良く草を食む姿が見られるようになりました。

    2N7A2931.jpg彼女たちが暮らす「家」は小林棟梁作の特製小屋(移動式)です。宮大工が造った家に住めるなんて、なんと贅沢な二匹。2N7A2929.jpgそんな彼女たちをゆっくり眺めることができる場所にウッドデッキが完成しました。KIMG2147_01.JPG

    KIMG2145_01.JPG山道の小脇にあるウッドデッキ、生憎の雨でゆっくり座ることはまだお預けですが、梅雨が明けには心地よい木漏れ日の元でマイヤとイソラ達の可愛らしい姿を見ることができます。DLoFre'sでは棟梁が造るウッドデッキやウッドバルコニーなど、建築のプロ中のプロが造るご提案をしています。これから夏本番を迎えるにあたり、ウッドデッキの計画を考えてみるのも良いですね。

    0
  • DLoFre'sリノベーション課の大谷です。

    KIMG2090.jpgDLoFre's Campus内で仕事をしている宮大工「小林棟梁」に話をする機会が増え、その人柄と技術の深さを改めて実感することが増えました。KIMG2137.jpgKIMG2138.jpgCampus内の新設工事や補修など、親方の持っている技術と新たに生まれるアイデアが掛け算され、皆さんに「デザイン」という形になって届けられています。

    DLoFre's Campusにお越しの際は是非小林棟梁に会っもらいたいと思います。親方というと怖い印象があるかもしれませんが温和ですごく謙虚な方、一度話をするときっとファンになると思います。

    0
  • 7月/11(土)12日(日) 都田建設 ご入居邸 特別見学会




    会場テーマ





    バイクに家庭菜園、趣味を愉しむ お庭とつながるウッドデッキ


     

     


    01_190502k_011_大.jpg

     




    青空に映える白の塗り壁。ウッドデッキを囲むように配されたリビングとダイニングは





    お庭と室内を心地よく回遊できる工夫。


















    05_190502k_007_大.jpg





    ご主人のバイクや子どもたちの自転車を収納するガレージは男の子の秘密基地のよう。





    おもちゃ箱のような賑やかさは雨の日も心を躍らせてくれる。

     














    04_190502k_035_大.jpg





    階段には額縁に見立てたスライド式の窓扉。




    白を基調としたシンプルな佇まいの中に奥様お気に入りのマリメッコのテキスタイルをあしらってまるで美術館のように。


























    03_190502k_029_大.jpg








    帰ったらすぐに手洗いできる造作洗面。


    水をイメージした爽やかなブルーのタイルが奥様のお気に入り。身も心もすっきり整える場所。
















    20_190502k_009_大.jpg





    日光で雨で枯れた色合いが味わいを醸し出す木壁と職人の手仕事が光る塗り壁。




    街並みに溶け込みながらも端正で美しく個性が光る。家族が歴史を刻むようにお家も深みを増していく。

     






     

    いい家を創るコツはと聞かれたら、まず第一にご家族がよく話し合うことをいつもお伝えしますが、もう一つ大切だと思うことはリアルな現場を見ることです。

    答えは現場にあるはずです、それだけ価値がある邸です。
    みなさんが、見たいなと思っていただけるような実際の写真をHPにアップしています。見ていただくと見学会に行きたくなると思う、

    それぐらいワクワクする邸です。

    HPには詳しい見学会情報をUPしてますので下記の「見学会に行きたい!」をクリックして下さい。             


    form_pc_inspe.png

    form_sp_inspe.png



    最後まで読んでいただきありがとうございます!
    7月12日() 17:00までの開催です!

    ◆自分たちの理想のマイホームがほしい。
    ◆子供の成長に合わせて。
    ◆忙しいからこそくつろげる家がほしい。

    お家づくりを始めるきっかけやタイミングは人それぞれです。
    だからこそあなたの家づくりを成功に導くため、ひと足早く夢を叶えたお客様の完成邸を見学してほしい。
    2度と見られない貴重な機会を体験していただきたいです。


    ☆モデルハウスや住宅展示場では体験できないリアルな完成邸です。
    ご入居後のアフター・暮らしの改善、生涯ライフスタイルを楽しむ提案など、
    一生お守りできる住宅会社・工務店なのか、会社選びの大切な基準が知ることができます。

    あなたの来場をお待ちしてます!

    0
  • DLoFre'sリノベーション課の大谷です。

    木造建築物で昔から使われている「継手」。その字の通り「手を継ぐ」ように木と木を継ぐ方法。住宅でいうと1階の床を支える土台面に使われていたり、天井を通る梁などに使われています。

    KIMG2092.jpgKIMG2096.jpg木を凸凹になるように切り欠いて組み合わせると引っ張っても抜けない構造になっています。

    KIMG2099.jpg「蟻継ぎ」「鎌継ぎ」「蟻掛け」などと呼ばれていて大工さんの会話をよく聞いていると「アリのところを~」「カギが~」と言っているのに気づきます。普段は家の中に隠れてしまう部分で、こんな技が使われていることに気づくことはなかなかありません。またこの切り欠きもノミを巧みに扱うことが出来る棟梁ならではの技です。

    DLoFre's Campusの建物にもこのやり方は使われています、またこの模型は外れやすくするために、ワザと緩く作ってくれていますのでその繊細な切り込み口を間近でみることが出来ます。BBQテラスと呼ばれている施設に週末は展示しています。

    普段はなかなか見れない日本の伝統の技を是非見て下さい。

    0
  • DLoFre'sリノベーション課の大谷です。

    宮大工「小林棟梁」はDLoFre's Campusの至るところで活躍してくれています。前回紹介した子ヤギの「マイヤ」と「イソラ」の小屋に続き、その2匹が戯れている場所の小道、そしてその終着点に新たな「場所」を造ってくれています。

    KIMG2050.jpgKIMG2052.jpg(だいぶ人に慣れてきて、向こうから「めえ~」とあいさつしてくれます)

    KIMG2049.jpgKIMG2048.jpg先日完成した風車の前には直径あり50㎝以上はありそうな丸太が組まれ始めています。丸太の先は丁度木々が切り開かれていて都田の山々が見えるロケーションです。小林棟梁のことです、きっと私たちの想像を超えた場所をその知恵と技術で魅せてくれると思います。

    進捗はまた追ってご報告致しますね。こうご期待!

    0
前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

都田建設

都田建設スタッフがドロフィーズを多くの皆さんに知ってもらおうと、活動や魅力を発信しています。楽しく誠実にお伝えしていきますので、ぜひご覧ください。

ドロフィーズキャンパスへ行こう