produced by DLoFre's®️

0120-14-2750

受付 10:00-19:00

お問い合わせ
資料請求

リクルート
情報

都田建設スタッフがドロフィーズの活動や魅力をお届けします

  • こんにちは。

    棟梁の技や仕事に対しての思いを紹介していく、棟梁ブログ担当すーちゃんです。

    今回も小屋で作業中の小林棟梁にお話を聞いてきました。

     

    棟梁「この風車を3台作ったよ。あとこれより大きな風車を1台。それはまだ未完成だけどね

     

    早速の衝撃発言でした。

    なんと全部で4台あって、その内のひとつはもっと大きくて、

    羽だけで全長4mあるそうです。

     

    IMG_7835b.jpg

     

    棟梁「これをキャンパスに置くとお客さん喜ぶよねぇ」

    そう言った棟梁はお客さんの顔を想像してニッコリしていました。

     

    自分が作るものを見てくれる方を想像して作る。

    当たり前の事ですが、工業化されたこの社会ではその思いを馳せることが難しいこともあります。

    そんな中、見てくれるお客さんの事を考え、すみずみまでこだわる棟梁にまた尊敬の念を抱きました。 

      

    続きは次回。

    0
  • こんにちは。

    棟梁の技や仕事に対しての思いを紹介していく、棟梁ブログ担当すーちゃんです。

    今回も小屋で作業中の小林棟梁にお話を聞いてきました。

     

    棟梁「ちょっと手伝ってくれ」

     

    小林棟梁のお仕事をお手伝いさせていただくことに!

    高さ3mはあるかと思われる木の土台を棟梁一人で軽々と傾けると、

    床に置いてあった木をてっぺんにはめてくれと指示されました。

    ここが風車の回る場所になるそうです。

    はめるだけなのに緊張します。

    はめこむと木の土台はまたその高さを誇らしげに見せ付けるようにそびえ立ちました。

     

    棟梁「これも設計図はないよ。イメージをそのまま形にしただけ

     

    なんということでしょう!

    高さ3mもある風車をイメージだけで作ってしまうなんて。

     

    IMG_7827b.jpg

     

    しかし私はこの後、もっと衝撃的な事実を聞くことになるのです。

    その話はまた次回。

    0
  • こんにちは。

    棟梁の技や仕事に対しての思いを紹介していく、棟梁ブログ担当すーちゃんです。

    今回も小屋で作業中の小林棟梁にお話を聞いてきました。

     

    小屋につくとものすごい轟音が。

     

    ブイィィィーーーーン ブイィィィーーーーン

     

    すー「すいませーん!これはなにをやっているんですか?」

    棟梁「木の表面を削っているんだよ」

     

    IMG_7820b.jpg

     

     

    棟梁「これは樹齢300年の木だよ。買うと高いよ」

    すー「えー、そんな樹齢の高い木なんですね。これを何に使うんですか?」

    梁「今、風車を作ってるだよ」

    すー「え!」

      

    なんと風車を作っているんだそうです。

    びっくりしすぎました。

    すでに完成間近だそうで、2mくらいものが3つ、5mくらいのが一つを製作中だそうです。

     

    棟梁「ちょっと手伝ってくれ」

    なんと小林棟梁のお仕事をお手伝いさせていただきました。

     

    どんなことをしたかは、また次回。

    0
  • こんにちは。

    棟梁の技や仕事に対しての思いを紹介していく、棟梁ブログ担当すーちゃんです。

    今回も小屋で作業中の小林棟梁にお話を聞いてきました。

      

    _MG_0306b.jpgのサムネイル画像

     

    わ!

     

    突然木槌を振りかぶってガーン!と打ちおろす棟梁。

    直接木槌で叩くと割れてしまうので、間に木をかまして叩くようです。

    下には杭が打ち込んであって、それを感覚だけで調整しぴったり並行にしていきます。

    これが土台の芯になってくるそうです。

     

    棟梁の作業は見てて感心するほど無駄がそぎ落とされているので、

    作業もとってもスピーディです。

    これは頭で何をするか考えている訳ではなく、

    もう感覚という表現が当てはまると思います。

    呼吸する様に家を作ってしまう棟梁の仕事っぷりに感嘆しました。

    0
  • こんにちは。

    棟梁の技や仕事に対しての思いを紹介していく、棟梁ブログ担当すーちゃんです。

    今回も小屋で作業中の小林棟梁にお話を聞いてきました。

     

    _MG_0296b.jpg

     

    まだ建物が建てられる前の状態の土地です。

    地中に打たれた杭が等間隔で並んでいます。

    大きな機械があるわけじゃないのに、素人ながらどうやって埋めたのかが気になります。

     

    よく見てみると年輪が中心にありますね。

    年輪の真ん中は赤身といって腐りにくく硬さもあります。

    と、前にブログで書きましたが覚えていますか?

    ここでもそれがきちんと活かされているんですね。

    0
1  2  3

都田建設

都田建設スタッフがドロフィーズを多くの皆さんに知ってもらおうと、活動や魅力を発信しています。楽しく誠実にお伝えしていきますので、ぜひご覧ください。

ドロフィーズキャンパスへ行こう