produced by DLoFre's®️

0120-14-2750

受付 10:00-19:00

お問い合わせ
資料請求

リクルート
情報

都田建設スタッフがドロフィーズの活動や魅力をお届けします

2020.07.05

棟梁の技・体験レポート 第79回「継手」

DLoFre'sリノベーション課の大谷です。

木造建築物で昔から使われている「継手」。その字の通り「手を継ぐ」ように木と木を継ぐ方法。住宅でいうと1階の床を支える土台面に使われていたり、天井を通る梁などに使われています。

KIMG2092.jpgKIMG2096.jpg木を凸凹になるように切り欠いて組み合わせると引っ張っても抜けない構造になっています。

KIMG2099.jpg「蟻継ぎ」「鎌継ぎ」「蟻掛け」などと呼ばれていて大工さんの会話をよく聞いていると「アリのところを~」「カギが~」と言っているのに気づきます。普段は家の中に隠れてしまう部分で、こんな技が使われていることに気づくことはなかなかありません。またこの切り欠きもノミを巧みに扱うことが出来る棟梁ならではの技です。

DLoFre's Campusの建物にもこのやり方は使われています、またこの模型は外れやすくするために、ワザと緩く作ってくれていますのでその繊細な切り込み口を間近でみることが出来ます。BBQテラスと呼ばれている施設に週末は展示しています。

普段はなかなか見れない日本の伝統の技を是非見て下さい。

0

1分で終わる簡単な入力です。

Leave this empty:

お申し込みイベント名 棟梁の技・体験レポート 第79回「継手」
【必須】参加人数 大人 子供
【必須】代表者のお名前


【任意】ふりがな


【必須】郵便番号


※郵便番号を入力すると、住所が自動で入力されます。

【必須】住所


【任意】お電話番号


【必須】メールアドレス


【任意】今後、受け取りを
希望されるものにチェックを
してください(無料)


【任意】
聞いてみたい事や
知りたい事などご記入ください

【ご注意】

携帯電話の迷惑メールフィルタ設定や
メールアドレスの間違いによりメールがお客様に届かない場合がございます。


・メールアドレスを正確に記入していただく
・迷惑メールフィルタの設定がされている場合は@miyakoda.co.jpを解除する


ご協力よろしくお願い致します。

【個人情報の取扱いについて】

  • ・本フォームからお客様が記入・登録された個人情報は、資料送付・電子メール送信・電話連絡
     などの目的で利用・保管し、第三者に開示・提供することはありません。
  • ・当社のプライバシーポリシーはこちら
※施工範囲について
静岡県西部と愛知県東部エリアで施工を行っております。
詳細はご相談下さい。




上記フォームで送信できない場合は、必要項目をご記入の上、
までメールをお送りください。

        icon-next

都田建設

ドロフィーズを多くの皆さんに知ってもらおうと、活動や魅力を発信しています。楽しく誠実にお伝えしていきますので、ぜひご覧ください。

ドロフィーズキャンパスへ行こう